好きなものを

好きなものを、嫌いにならない努力をしなさい、

と聞いたことがありまして

 

私は今、実験をし、知られていないことを明らかにする

そんなことをしていまして

その原点は好きなアニメ、BLOOD+

第五の塩基ってなによ!?

の疑問であります。

 

行き詰まったり、うまくいかないことありましたら、

中学のころ、抱いた感動と疑問を新たに

DVDを見返す。

 

好きなものを好きなものへと繋いでいくのも、

嫌いにならなかったからだと思います。

 

やめてしまわず、ただ変化を。

むらさき

f:id:ladiestresses:20170315215541j:plain

先日、出雲大社を目的に島根にいってきたのですが、

色々観て廻っているうちにタクシーを拾いまして。

その運転士さんが親切で、せっかくだからと貸切で

松本城から足立美美術館への道のりの間中の神社へ連れてくれました。

 

その運転士さん曰く、

私の色は紫だそうです。

なんでもその運転士さんは運転士さんだけでなくスピリチュアルカウンセラー

もしているそうで。

 

そのような職種の方にお会いしたのが初めてのことで、よくわからないのだけれど

とても楽しかったからいっかって。

一期一会とはこういうことをいうのかなと。

母も楽しそうにしていたのがなにより。

 

雪がまだ深い島根でした。

ぼやーっとしてたら

いつの間にか、11月になっておりました。

寒いです。好きな季節です。

この時期の思い出は、ラムとの散歩時に

ラムが寒さに気付いて急に帰ろうとする。

そんな感じでしょうか。

 

風も冷たくなり、風邪がはやる時期。

このまま元気に正月を迎えたいです。

ことば、

タワレコに久々行ったのですが、
あの空間の好きな理由は
外国語が聴けるということ、
それも知らない音楽として。

ことば、分からなくても、伝わるものがあるような。
コンテクスト context と言うそうです。
なんか、こう、雰囲気で伝わるもの

f:id:ladiestresses:20160823000303j:plain

そういえば、
私も、かわいいラムとコンテクストで
通じあってたわ。

自然とは

香水があまり好きでないと言いながら、

私の香水に気付いてない!

ただの愚痴です。

 

f:id:ladiestresses:20160601212228j:plain

花弁の重なりの絶妙さに感嘆します。

桜のようなシンプルなのも素敵だけれど、

こう、人間の研究、品質改良の賜物!

と主張するような植物も好きです。

 

必ず、それは過ぎ去り、過去となる

f:id:ladiestresses:20160405001225j:plain

Victor Emil Frankl,says.
If you are stuck with a problem, just turning your gaze from the past to a future in which the problem is no longer with you is a major change in the way of viewing the problem. Then, of course, you would have to work backward to the present to figure out what you could do to make that future a reality, rather than just an appealing fantasy.
 
 問題にぶち当たった時、視点を過去から既に問題がなくなった未来へと変えてみるといい。それによって問題の見方が変わる。
もちろん、それから現在へと立ち戻って、その未来を現実にするには何をすべきか理解しなければならない。単にその未来を幻想にしてしまわないためにも。
 ヴィクトール・エミール・フランクル の言葉です。
 
ふとした時、思い出せるようにいつも暗誦しています。
とても、素敵な考え方。

とまるまで、待ちましょう

f:id:ladiestresses:20160417231515j:plain

おそらく、キチョウ。

飛んでいるのを暫く追いかけまわして、

やっと撮れた写真です(笑)

 

小学生のころに蝶々の生態に興味を持ち、そのまま大人になりました。

とても詳しいわけではありませんが、

好きです、と言える程度には。

 

お気に入りは、ツマグロヒョウモン、です。

この蝶は夏頃から現れるので、春の今はまだ。

 

好きなものに埋もれて暮らしたい、