読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらさき

先日、出雲大社を目的に島根にいってきたのですが、 色々観て廻っているうちにタクシーを拾いまして。 その運転士さんが親切で、せっかくだからと貸切で 松本城から足立美美術館への道のりの間中の神社へ連れてくれました。 その運転士さん曰く、 私の色は紫…

ぼやーっとしてたら

いつの間にか、11月になっておりました。 寒いです。好きな季節です。 この時期の思い出は、ラムとの散歩時に ラムが寒さに気付いて急に帰ろうとする。 そんな感じでしょうか。 風も冷たくなり、風邪がはやる時期。 このまま元気に正月を迎えたいです。

ことば、

タワレコに久々行ったのですが、 あの空間の好きな理由は 外国語が聴けるということ、 それも知らない音楽として。ことば、分からなくても、伝わるものがあるような。 コンテクスト context と言うそうです。 なんか、こう、雰囲気で伝わるものそういえば、 …

自然とは

香水があまり好きでないと言いながら、 私の香水に気付いてない! ただの愚痴です。 花弁の重なりの絶妙さに感嘆します。 桜のようなシンプルなのも素敵だけれど、 こう、人間の研究、品質改良の賜物! と主張するような植物も好きです。

必ず、それは過ぎ去り、過去となる

Victor Emil Frankl,says. If you are stuck with a problem, just turning your gaze from the past to a future in which the problem is no longer with you is a major change in the way of viewing the problem. Then, of course, you would have to w…

とまるまで、待ちましょう

おそらく、キチョウ。 飛んでいるのを暫く追いかけまわして、 やっと撮れた写真です(笑) 小学生のころに蝶々の生態に興味を持ち、そのまま大人になりました。 とても詳しいわけではありませんが、 好きです、と言える程度には。 お気に入りは、ツマグロヒョ…

前回の続き

私の地元、は海が有名です。 世界で最も北に位置するサンゴ礁がある、とのこと。 ダイビングのお店もたくさん。 小さい頃から人間以外の生き物が多い環境で育ったからでしょうか 人間より生き物が好きかもしれない、とたまに思います。 もちろんヒトも好きな…

ふるさとは

和歌山の一番、南の町にございます。 実家から50mの海に流るる黒潮を 超えて、ずっと渡れば オーストラリアです。 はるばると。 ふるさとは遠きにありて思ふもの そして悲しくうたふもの と室生犀星はうたいます。 ここを故郷とし、日本のみならず、外の国…

踊って。

Sylvie Guillem(シルヴィ・ギエム) この時代に、生まれ、そして、今、生きていることに感動を覚える、 そのことを与えてくれた、ひとりの人です。 踊りは二度ほど日本公演の際に観ました。 もう、現役引退とのことなので、今後ないと思うと ある喪失感を覚…

すっと立つ。それもたくさん

今日は、曇り、のち、晴れ、でしたね。 桜が満開の時を過ぎつつ、ちらほらと散ってました。 そして、後輩たちが植えくれたチューリップが満開を迎え、 なんとまぁ、華やか。 写真はピンクだけれど、他に、おんなじだけ白と濃い紫が咲いていて。 いやはや、こ…

ブログのタイトルについて

書いとかないとないと忘れるなと。 Ladies'tressesとは、日本語で ネジバナ、です。 雑草の一つでもあるのですが、 可憐な小さなお花をねじを巻くよう くるっと咲かせます。 ピンクだったり。白だったり。 緑の中に、こういう色があると癒されたりします、

花、咲く

ブログをはじめました。 多趣味、といわれています。変な人とも。 この小さな体で得たものは何でも書いていこうと思います。 ブログは人生の中で2度目なのですが、前回は頓挫したので、 今回はちゃんと続けたいな、と。 拙い文章ですが、 どうぞよろしく。